Welcome to my homepage


CATEGORY NAME

協会ロゴ





実践教育訓練研究協会 第4回建築設計競技のご案内 

1.テーマ 「リモートワーク住宅」 
 2020年1月、新型コロナウイルス感染症のニュースが飛び込んできた。他国のできごとだと思っていたが、2月になり日本に寄港した旅客船におけるクラ スター発生のニュースで身近に感染が迫っていることを知らされた。そして4月に緊急事態宣言が発動され、日本の社会基盤や経済に大きなダメージを与え、生 活スタイルが大きく揺らいだ。そしてそれは、1年が経過した今も2次感染、3次感染へとさらに拡大し継続している。
近年においても、生活スタイルが大きく変わる出来事があった。パソコンの普及により、仕事をするスタイルが大きく変化した。それまでは対面によるコミュニ ケーション、かつ手書きのドキュメントが主流だったものが、パソコンのモニターに向かって仕事をするようになり、さまざまなドキュメントはデジタル化され た。また、コンピュータネットワークの性能が向上したことにより、人々のコミュニケーションがネットワークを介して行われるようになり、さらに国境を越え てグローバル化した。対面で行われていたショッピングもネットワーク上で買い物をすることが増え、短期間でさまざまな地域のものを家にいながら手に入れら れるようになっている。
そして現在、新型コロナウイルス感染症への対応が社会全体として求められている。比較的インフラが進んでいる大学では、オンライン授業が定常化し、企業で はリモートワーク(在宅勤務)を採用するようになり、生活スタイルが大きく変化している。2000年代になりコンピュータネットワークの普及に伴い SOHO(Small Office/Home Office)も出現したが、これはごく一部の人だけが利用するに留まっていた。しかし、コロナ禍の中で、多くの人がリモートワークを考え始めた結果、将 来予想される社会システムが急ぎ足でやってきているともいえる。当初は、リモートワークを余儀なくされていたが、実際にそれをベースに社会活動を行うと、 移動時間が削減できる、リモート会議でもコミュニケーションできる、働く人個々の生活空間にワークスペースを分散するために企業が抱えるオフィスの規模も コンパクトにできる、家族と暮らす時間も増えるなど、良い面も見えてきている。
新型コロナウイルス感染症への対応だけではなく、未来の人々の生活を創造したリモートワーク住宅を提案してもらいたい。
(審査委員長:和田 浩一)

・募集要領はコチラからダウンロードしてください。
・募集パンフレットはコチラからダウンロードしてください。

2.審査委員
審査委員長
 和田浩一 職業能力開発総合大学校 能力開発院 教授

審査委員(五十音順)
 安島 才雄  株式会社総合資格 専務執行役員
 飯嶋 元広  アイディホーム株式会社 生産管理部次長
 磯野 重浩  九州職業能力開発大学校 建築施工システム技術科 教授
 井町 良明  メガソフト株式会社 代表取締役社長
 江川 嘉幸  山形県立産業技術短期大学校 建築環境システム科 教授
 高橋 紀子  日本住宅株式会社 人事本部 執行役員 副本部長
 高橋 基史  株式会社インフォマティクス チーフマネージャー
 竹内 一   株式会社ティーエスケー 代表取締役社長
 星野 政博  東北職業能力開発大学校 住居環境科 特任教授
 松下 和正  株式会社松下産業 代表取締役社長

3.表彰
1等  実践教育建築デザイン賞
    副賞 希望する書籍2冊、「Piranesi」1本、総合資格学院書籍、
    「3Dアーキデザイナー」1本、図書券、Amazonギフト券、QUOカード
2等 (協賛企業賞)「50音順」
  ・アイディホーム賞      副賞 希望する書籍
  ・インフォマティクス賞    副賞 「Piranesi」1本
  ・総合資格学院賞       副賞  総合資格学院書籍
  ・ティーエスケー賞      副賞 図書券
  ・日本住宅賞         副賞 Amazonギフト券
  ・株式会社松下産業賞     副賞 希望する書籍
  ・メガソフト株式会社賞       副賞  「3Dアーキデザイナー」1本
      (3Dデザイナーシリーズ利用による作品)

4.スケジュール
WEBエントリー 2021年4月1日(木)〜6月25日(金)
エントリー時に必要な情報
応募者(グループで応募する場合は代表者)の住所、氏名(ふりがな)、年令、電話番号、学校(施設)名、連絡が取れるメールアドレス、使用ソフト(2等のメガソフト株式会社賞の要件となるため)
エントリーはココをクリックしてください。

作品締め切り 2021年6月25日(金)(PDFの電子投稿)
作品提出先:
(1) jissen.compe@gmail.com (25MB以下)
(2) 無料大容量ファイル転送サービスを使って上記アドレスに送付することも可能。
結果発表 2021年7月中旬
 (一社)実践教育訓練学会のHPで発表すると同時に、入賞者にはメールにてお知らせします。

5.応募資格
(2021年4月1日現在)
一般大学・大学院学生
高等専門学校学生
職業能力開発関係施設で学ぶ学生・受講生
専門学校学生
工業高校生徒
※1グループ 4人以内

6.審査
審査は、審査委員による作品評価を行います。公開審査は行いません。

7.提出図面
A1版 横使い 1枚 (25MB以下)
各図面の縮尺は自由

8.作品条件
(1) 敷地面積:200u以下
(2) 最高高さ:12m以下
(3) 建ぺい率の制限:50%  容積率の制限:100% (地階・駐車場の容積率の緩和を使っても良い)
  (敷地面積、建ぺい率、容積率、最高高さについては、作品の中に明記すること)
(4) 用途地域や斜線制限などの建築法規は考慮しなくても良い
(5) 敷地のロケーションは、具体的にイメージできる場所を自由に設定する
(6) 建物の構造は、自由

9.質疑応答
課題に関する質疑応答は行いません。本要項に定める内容以外の問題は応募者の自由とします。

10.注意事項
・応募作品は未発表のものに限ります。
・同一作品の他設計競技との二重応募は、受け付けません。
・事前にWEBエントリーフォームから登録を行ってください。
・応募作品の一部あるいは全部が、他者の著作権を侵害してはなりません。また、雑誌や書籍、ウェブサイトなどの著作物を許可なく使用してはなりません。
・著作権侵害のおそれがある場合は主催者の判断により入賞を取り消すことがあります。
・応募作品(PDF)は返却しません。
・本設計競技の応募作品に関する著作権は応募者に帰属します。応募作品の(一社)実践教育訓練学会HPやジャーナル掲載、協賛企業HPへのリンクなど、発表に関わる権利は主催者及び協賛企業が保有します。
・本設計競技において取得した個人情報は、主催者と協賛者が共有します。本設計競技の運営以外には使用いたしません。また、第三者に譲渡や転売はいたしません。

11.協賛企業 「五十音順」
(1) アイディホーム株式会社
〒169−0075
東京都新宿区高田馬場3丁目46-25
(2) 株式会社インフォマティクス
〒212-0014
川崎市幸区大宮町1310ミューザ川崎セントラルタワー27F
(3) 株式会社総合資格
〒163-0557
東京都新宿区西新宿1−26−2 新宿野村ビル22階
(4)株式会社ティーエスケー
〒273-0014
千葉県船橋市高瀬町31-3
(5)日本住宅株式会社
〒020-0838
岩手県盛岡市津志田中央1-3-28
(6) 株式会社松下産業
〒113-0033
東京都文京区本郷1丁目34−4
(7) メガソフト株式会社
〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西2丁目4番12号 梅田センタービル11階

8.過去の競技について
 第1回 建築設計競技会のテーマ  建築設計競技会の審査結果
  第2回 建築設計競技会のテーマ  建築設計競技会の審査結果
 第3回 建築設計競技会のテーマ  建築設計競技会の審査結果

▲pagetop