Welcome to my homepage

CATEGORY NAME

協会ロゴ


理事就任のご挨拶

  •  この度、理事に就任いたしました、特級技能士の涌井正典と申 します。実践研2年目の新参者故、理事のお話を頂き、大役であり身分不相応でもあり、再考をお願いしましたが事務局の強い意向により快諾いたしました。東 京都職業訓練では10年以上の経験があり、最近では「技能検定を利用した高付加価値な職業訓練」を大学等で実施し有効な成果を上げております。
     「能力開発」を研究し、発表する機会を得て、実践研を知ることとなり、皆様とお会いでき感謝しております。実践研の発表行程は、まず@申込み、A発表内 容200文字、B発表要旨A4二枚、C発表スライドと手順良く、初心者にも自然と出来てしまう、素晴らしい仕組みがなされています。また、発表会において は、他学会では極度の緊張がありますが、実践研会員の皆様はやさしく、「育ててあげよう」感がひしひしと伝わり、安心して、積極的に発表ができます。さら に選ばれた発表にはもれなく「査読付きジャーナル」も出す事ができます。実行委員の方々は協力しあい、実に計画的に催事を進め、遅れや滞りがあれば率先し て気分よく、みごとな仕事を進めます。さすがは「職業訓練指導員」! 一般大学とは違います。

    理事 涌井 正典
     東京電機大学
     工学部 機械工学科
      特級技能士
     研究や学 会発表・査読論文には多額の出費が必要ですが、実践研は年会費¥8,000のみで賄うことができるすばらしい研究団体です。ポスドク、任期付等の方々にも 広め発表していただく所存です。大学教員には研究・発表等でポイント制度の評価があり、実践研でポイントを稼ぐこともできます。一般大学等で広めて参り、 より活性化に寄与して行く所存です。職業訓練をしている若手の中に「技術士」を目指している方もあり、2次試験のためにも入会を勧め、「発表」や「短時間 で論文を書く」練習にもなります。会員拡大の好機です。技術は日々進歩し、学んでゆかねばなりません。旧態然の訓練・授業をしている限りでは、研究発表の 余地はありませんが、新技術の披露や研鑽、多くの方に周知をする必要があります。実践研はそれらにふさわしい研究会です。
     「技能とは技術を使いこなせる能力」であり、後進の「技能士養成」を推進しております。確かな技能があれば、失業とは無縁となり、より高度であれば高い 報酬が得られます。後進たちには、自分のような「技能エリート」を目指させ、訓練をしています。「技能エリート」にふさわしい「理事」を仰せつかり名誉と ともに皆様のために粉骨砕身働いて参る所存です。
     どうぞよろしくお願いいたします。

▲pagetop